MENU

プレミアムブラックシャンプーは“薬用”シャンプーではない

プレミアムブラックシャンプーや“薬用”シャンプーではない

 

ここ数年、日本人男性の頭皮や髪への関心が高まってきていることからスカルプケアシャンプーという頭皮ケア用専用のシャンプーが数多く販売されるようになりました。そして、中でも最近耳にすることが多くなってきた言葉が“薬用スカルプシャンプー”という言葉です。実際にどんな効果や効能があるのかはハッキリと知らなかったのですが、“薬用”という言葉がついているだけでなんだか効果がありそうな気がしますよね。

 

ただ、この“薬用スカルプケアシャンプー”という言葉はすべてのシャンプーに使用できるわけではなく、ある条件を見てしていなければ公式サイトやシャンプーボトルに表記することが出来良いように薬事法という法律で定められています。そして、プレミアムブラックシャンプーを購入して初めて知ったのですが、実はプレミアムブラックシャンプーはいわゆる“薬用スカルプケアシャンプー”には該当しないらしいのです。

 

プレミアムブラックシャンプーや“薬用”シャンプーではない理由

プレミアムブラックシャンプーの公式サイトやシャンプーボトルを確認してもらうと分かると思うのですが、どこにも“薬用”という文字は使われていないことがわかると思います。これはメーカーが意図して表記していないわけではなく、プレミアムブラックシャンプーが“薬用”と表記できるシャンプーに該当していないから表記されていないのです。

 

なぜ、プレミアムブラックシャンプーが“薬用”と表記することができないのか?それはプレミアムブラックシャンプーが厚生労働省の認可を受けた医薬部外品には該当しないからです。つまり、“薬用スカルプケアシャンプー”と表記することが許される条件はそのスカルプケアシャンプーが厚生労働省の認可を受けた医薬部外品であるという事です。

 

因みに、プレミアムブラックシャンプーと同じように人気の高いスカルプDやウーマシャンプーは医薬部外品に認定されているため“薬用スカルプシャンプー”として表記されています。

 

“薬用”だからといって育毛効果があると認められたワケではない

スカルプDやウーマシャンプーは医薬部外品として認定されているので薬用スカルプケアシャンプーに該当し、プレミアムブラックシャンプーは医薬部外品ではないので薬用スカルプケアシャンプーに該当しない為、スカルプDやウーマシャンプーよりも効果が少ないという可能性は十分あります。

 

なぜなら、スカルプケアシャンプーが医薬部外品に認定されるためには国が効果を認めた有効成分を配合している必要があるので、厚生労働省がしっかりとチェックを行って認めている分医薬部外品に該当しないスカルプケアシャンプーよりも効果的である可能性が高いといえます。

 

しかし、ここで誤解してはいけないのは、効果というのは決して育毛効果があるというわけではないという事です。ここでいう効果とは『育毛効果』ではなくて、あくまでも『頭皮のフケやかゆみを改善し、頭皮を健やかに保つ効果』です。

 

中には薬用という言葉の“薬”の部分だけからイメージして薬的な効果で薄毛が改善すると間違った認識を持っている人も少なくないようです。何より、私が実際にそうでした。

 

だから、薬用スカルプシャンプーであるスカルプDやウーマシャンプーの方がプレミアムブラックシャンプーよりも頭皮を清潔に保つ効果がる可能性が高いですが、スカルプDやウーマシャンプー、プレミアムブラックシャンプーをはじめとしてすべてのスカルプケアシャンプーに育毛効果はないので“薬用”とい言葉がついているからと言って誤解しないように気を付けてくださいね。